決算書の信用を高めます

「記帳適時性証明書」を付けた決算書は(会計帳簿作成の適時性(会社法第432条)と電子申告に関する証明書)金融機関からの信頼度がアップします。

金融機関は中小企業の融資において、決算書データを使用した審査を行います。そのため、その決算書の信頼性について大きな関心を持っています。
当事務所が添付する「記帳適時性証明書」は、会計帳簿及び決算書並びに法人税申告書の作成に関して次の事実を証明したものです。

  1. 関与先企業の会計帳簿は、会社法第432条に基づいて、「適時に」作成されていること。
  2. 当事務所は、毎月、関与先企業を訪問して巡回監査を実施し、月次決算を完了していること。
  3. 決算書は法人税申告のため税務署に提出したものと同一であり、別途に作成したものではないこと。
  4. 法人税申告書は当該決算書に基づいて作成され、申告期限までに電子申告されていること。

※会社法第432条は、「株式会社は、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な会計帳簿を作成しなければならない。」と規定しています。
この「証明書」は、その適時性並びに計算の正確性を証明するものです。(内容の正確性を証明するものではありません。)

「記帳適時性証明書」(会計帳簿作成の適時性(会社法第432 条)と電子申告に関する証明書)

イメージ

 当事務所のサービス内容については、下記のボタンよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
もどる